ビューティブーケ 対象年齢
最近では同じブランドから対象年齢別にスキンケアやコスメが販売されていることも多いですよね。

対象年齢が決まっていても気にせず使っているという方もいるかもしれませんね。

しかし肌は年齢によって状態も変わりその都度肌悩みというものも変化していく部分があるので、出来れば今の自分の年代にあったものを使うのが好ましいと言えます。

実際に親子で肌の状態を見比べてみるとわかりやすいかと思いますが、同じ乾燥が気になるといっても10代と40代では差がありますし、それは30代と60代でも同じことが言えるでしょう。

ビューティブーケはエイジングケア商品に分類されるスキンケアですが、対象年齢は決まっているのでしょうか。

ビューティブーケの対象年齢は?

ティーン世代でシワやたるみが気になるという悩みを持つ子は少なく、どちらかというと皮脂によるニキビや乾燥悩みが多いですよね。

ティーン世代は肌悩みに対して処置するケアというよりも、今後年齢を重ねていく中で起こりうる肌悩みを予防するケアを重点的に行っていくのが良いでしょう。

肌の保湿をすることや紫外線対策をするといった初歩的でありながら非常に大事なケアをしていくことに重点をあててケアをするのがティーン世代だとしたら…。

ビューティブーケが対象としているのは年齢を重ねた大人の肌です。

具体的には60代からを対象年齢としたエイジングケア商品となります。

ビューティブーケはティーン世代が行う予防のケアではなく、年齢を重ねると共に厚く硬くなってしまった肌そのものを柔らかくほぐすというケアに焦点をあてています。

対象年齢がある程度決まっている商品というのは、その商品が持つ効果が年齢肌に合っている部分が一番大きいため、ビューティブーケをティーンが使うと成分が合わない、効果を感じられないということが起こりえます。

それがティーンではなく20代、30代でも同様のことが起こる可能性はあります。

逆を言えばビューティブーケの対象年齢とされる60代がティーン向けのスキンケア商品を使用すると、肌のつっぱりを感じたり、物足りなさを感じることが容易に想像できますよね。

対象年齢を設けているということは、それなりの理由があるということです。

年齢だけではなく、過ごしてきた環境によっても肌の状態は一人ひとり異なりますよね。

ビューティブーケの対象年齢とされる60代以上であっても、物足りなさを感じる方もいれば、もう少しさっぱりしたものが好みという方もいるでしょう。

実際のところ使用感というのはスキンケアを選ぶにあたって重要な部分でもあり、こればかりは個人差がありますよね。

それでもビューティブーケのスキンケアには60代の大人の肌に起こりやすい肌悩みである、浸透力の低下や乾燥、ハリ不足やくすみといった部分を改善させる作用のある成分配合をしているのでエイジングケアとして強い味方となってくれるのは間違いありません。

ビューティブーケシリーズにはファンケル独自の成分である発芽米発酵液を配合して、ほぐすエイジングケアを行うことができます。

肌の厚さを感じ、浸透力の低下を感じている方に対して効果を発揮してくれるのがビューティブーケなのです。

実際には?

実際にビューティブーケを使用している方の年齢と評価を見てみましょう。

65歳:もちもちぷるぷる感が1日続いて、化粧のもちも良くなった
63歳:今まで硬かった肌が柔らかくなり、使い始めて2、3日で実感できた
46歳:60代からと言われているが40代でも肌が柔らかくなってきたのを感じられる
49歳:使い心地はサラサラしているのに潤いを感じる
32歳:60代からとなっているが使い心地が良くて気に入った、化粧液だけでも満足
27歳:ターゲット層とは違うが使ってみたら肌の調子が良いので気に入った

このように使用年齢はバラバラだということがわかりますね。

20代でも使用して効果を実感している方もいます。

対象年齢は60代からということを知っているうえで試してみるというのも一つの手で、潤いがある分、乳液は使わないなどの計算をして使っている方もいるようですね。

こうして使用者の声を見てみると、対象年齢はあくまでもひとつの目安としておさえておくというのもアリなのかもしれません。

【何歳から始める?】ビューティブーケの対象年齢は!?:まとめ

ビューティブーケの対象年齢は60代からの大人の肌です。

生活環境によっては20代30代でも肌の厚みや浸透力の低下を感じている方もいるでしょう。

肌を柔らかくほぐして肌に潤いを与えたいと思っている方にビューティブーケはおすすめと言えます。

60代であっても30代であっても、まずはトライアルセットで自分の肌に合うかどうかをチェックしてみるのも良いかもしれません。